img_01

憧れのチャペルで挙式のよいところ

結婚が決まった、幸せの絶頂ですよね。最近は和装で神前式も人気ですが、やっぱり結婚式は真っ白なウェディングドレスを着てチャペルで挙げたいな、と憧れている方も多いのではないでしょうか。


そもそもチャペルというのはキリスト教の礼拝所ですが、結婚式場やホテルの多くでは挙式をするため専用のものを持っています。

厳密には教会とは違うのですが、キリスト教式の挙式スタイルをまとめて教会式とよんだりもしますね。

多くの日本人にとって教会はあまり身近でない施設なので、細かい違いを気にしない方が多いのでしょうね。ですから、一口にチャペルといっても、様々な雰囲気の施設があります。一般的によくイメージされるのは、ホテルに多いこじんまりとしてスタイリッシュな施設でしょうか。
内装が白で統一されたり、立地を生かして光のあふれるオーシャンビューやスカイビューにしたり。



スマートで明るい雰囲気の挙式をイメージしている方にオススメですね。

一方クラシカルな教会に近いデザインのチャペルも多くあります。比較的大きな建物をもてる敷地の広い結婚式場に多いタイプです。

木や石の質感を生かしたやや暗めの内装、パイプオルガンやステンドグラスのもつ重厚感が魅力的。



クラシカルで厳粛な挙式をイメージしている方にぴったりな雰囲気ですね。

このようにそれぞれのイメージにあった式場を選べるのも魅力ですよね。

また、神前式では親族しか挙式に参列できない場合が多いもの。



多くの人に祝福されながら愛を誓いたい方にも教会式、オススメです。